東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2011年 > 千葉 > 記事

ここから本文

【千葉】

全日制では1万2487人に春 公立高後期入試 合格者数を発表

 県教育委員会は八日、二〇一一年度の公立高校後期選抜の合格者数を発表した。全日制は一万二千四百八十七人(合格率76・5%)、定時制は三百七十五人(同92・1%)。前期選抜と合わせた合格者の総数は、全日制が三万三千三百八十九人、定時制が九百六十二人だった。

 定員に満たなかったのは全日制十五校十八学科、定時制十五校十八学科で、二次募集が行われる。二次募集は十日〜十一日正午に願書を受け付け、十六日に試験を実施、十八日に合格発表がある。 (平松功嗣)

 二次募集を実施する全日制の高校と学科は次の通り。(かっこ内は募集定員)

 千葉工・情報技術(1)▽船橋二和・普通(7)▽松戸馬橋・普通(9)▽小見川・普通(42)▽大原・普通(1)▽同・健康スポーツ(14)▽勝浦若潮・総合学科(64)▽長狭・普通(2)▽安房拓心・総合学科(5)▽館山総合・海洋(5)▽天羽・普通(14)▽君津商・情報管理(3)▽上総・普通(28)▽同・園芸(3)▽君津青葉・総合学科(4)▽市原・普通(23)▽鶴舞桜が丘・食とみどり(14)▽同・総合ビジネス(11)