東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2011年 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬】

各科目の出題傾向

■理科

 設問数は前年度より1問多い50問。物理、生物、化学などの各分野からバランス良く出題した。記述問題などを通じて、実験や観察で培った課題の探求力や表現力を確かめた。平均点は60点程度を想定する。(前年度平均62・8点)

■英語

 設問数は前年度と同じ28問。出題は、「音楽の素晴らしさ」や「春」など、親しみやすいテーマで平易な表現の英文が中心だった。リスニングの配点は、例年並みの3割だった。平均点は55点前後を見込む。(前年度平均55・1点)

PR情報