東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2011年 > 茨城 > 記事

ここから本文

【茨城】

県立高入試 1万7547人が受験

 県立高校の入学試験が三日、一斉に行われ、全日制九十四校で一万七千四十八人、定時制十二校で四百九十九人の計一万七千五百四十七人が受験した。全体の志願倍率は一・〇六倍で、前年より〇・〇五ポイント下がった。志願者数は一万七千八百四十六人だったが、私立に合格するなどした二百三十五人が前日までに出願を取り消し、六十四人が試験を欠席した。

 県教委によると、一時間目の英語の聞き取りテストでは、二校でトラブルがあった。下館一では、聞き取りテスト開始のアナウンスが流れたとたん、テープが止まり再生できなくなったため、聞き取りテストを中止した。磯原郷英では、聞き取りテスト後、受験生一人から問題用紙の一部が無いとの申し出があった。受験生は聞き取りテストの最後の二問を問題を見ながら解答することができなかった。県教委は二校について、それぞれ三十点、四点を採点から除外することを決めた。

 合格者は十日午前九時から各校で発表される。二次募集の願書提出は十四、十五の両日で、試験は十七日に行われる。(堀尾法道)

PR情報