東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2011年 > 茨城 > 記事

ここから本文

【茨城】

県立高校入試 1万5137人が合格

 県立高校の合格発表が十日あり、全日制と定時制合わせて一万五千百三十七人が合格した。推薦などを含めた合格者は二万百七人。水戸市三の丸の水戸一高では、午前九時に掲示板が設置されると、自分の受験番号を見つけた受験生が喜びの涙を流したり、友人や家族と抱き合って歓声を上げたりした。

 ひたちなか市立大島中を卒業した白石はるかさん(15)は「昨日は心配でよく眠れなかった。受験勉強がつらかったのでうれしいです」と喜びいっぱい。友人と記念撮影していた茨城大付属中出身の永野兼大さん(15)は「うれしくて言葉が出ない。高校では将来の夢を見つけたいです」と目標を話した。

◆70校で2次募集

 合格者が募集定員に満たなかった七十校(八十七学科)は二次募集を行う。募集定員は千四百人(全日制千百四十六人、定時制二百五十四人)で、前年度より三百十八人増えた。

 願書受け付けは十四、十五日の午前九時〜午後五時。学力検査は十七日午前九時二十分〜午後零時半に、英語、国語、数学の三教科(各五十分)で実施する。定時制では学力検査後に面接する。合格発表は二十二日午前九時、各校で行う。

 海洋高校専攻科も二次募集する。 (土門哲雄、近藤統義)

PR情報