東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2012年 > 千葉 > 記事

ここから本文

【千葉】

各教科の出題方針と特徴

 県教委が発表した各教科の出題方針は次の通り。

 【国語】話すこと、聞くこと、書くこと、読むことの基礎的な力を試した。聞き取りの問題には、説明する立場になった時の心構えも盛り込んだ。古典は単に読めるだけでなく、まとめる力があるかをみた。

 【数学】基本的な知識に加え、数学的な考え方や表現力を問う出題をした。LED電球と白熱電球のコストを比較して計算させる問題では時事的な要素も取り入れ、連立方程式の理解とともに論理的な思考力を試した。

 【英語】難易度、出題傾向のいずれも、昨年とほぼ同じ。中学校で教わった基礎的な知識や技能を「聞く」「話す」「読む」「書く」の全領域で身につけているかを中心にみた。思考力を問う出題もした。

 【理科】第一分野(物理・化学)、第二分野(生物・地学)からバランスよく出題し、点数配分もそろえるようにした。基礎知識、観察・実験、「総合的な理解」の三点を重視。観察と実験に基づいた問題を多くした。

 【社会】表現力を試すため、簡単な文章を書かせる問題を増やした。千葉県をテーマにした問いでは、運輸の歴史や東京湾アクアラインを取り上げた。統計、地形図、写真といった資料活用による判断能力もみた。

PR情報