東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2012年 > 栃木 > 記事

ここから本文

【栃木】

331人が出願先変更 12年度の県立高入試

 県教育委員会は23日、2012年度県立高校入試の出願変更状況を発表した。331人が出願先を変更し、10人が受験を辞めた。最終倍率は17日発表の出願状況と同じ1.22倍。

 定員9959人に対し、最終的な出願者数は1万2174人。出願先の変更で、出願者数が10人以上増えたのは2校2科で、最も増えたのは小山西普通科の13人。一方、10人以上減ったのは3校3科で、最も減ったのは栃木翔南普通科の13人だった。

PR情報