東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2012年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

問題の解説

◆国語

 大問五題、小問二十五題の出題構成は例年どおりである。

 大問1、2はいずれも基本的な漢字の問題だ。ただし、日常であまり使用しない「据える」、書き誤りやすい「看護」については語彙(ごい)力も問われることになる。

 大問3は弓道の練習に取り組む佐那子の心の葛藤を描いた小説からの出題。表現の特徴や人物の心情、様子などを問う問題が中心である。問5はここ数年出題されている「話す言葉」を書く問題。文章に即して心情をとらえるだけでなく、適切な話し言葉で簡潔に表現する力も要求される。

 大問4の説明的文章は「自分の言葉」について書かれた文章である。論旨が分かりやすく、内容は理解しやすい。設問は論理構成や内容理解を問う基本的な問題が中心である。問5はテーマに関して具体的な体験などを示して意見を発表するもので、自分の考えを表現する力が問われている。

 大問5は漢詩に関する対談からの出題。文意をとらえる問題や指定語句による短作文の問題、語句の意味を問う問題などがあり、総合的な問題となっている。

 全体としては言語能力を幅広く問う問題になっており、日常的な学習へのしっかりした取り組みが求められる。

 (目黒区立第七中学校 人見誠主幹教諭)

◆数学

 問題の構成は、大問が五問、小問十九問で、これは例年の傾向である。

 大問1は各領域に関する基礎的、基本的な事項についての知識、理解および表現、処理の技能を問うものである。

 正・負の数の計算、文字式、平方根の計算、一次方程式、連立方程式、二次方程式、y=aX2の変化の割合、確率、作図の順番に、合計九問出題された。

 大問2は、昨年度と同じように数学的活動の場面を基に出題されている。数量の性質を二通りの方法の文字式で表し、それを用いて証明する問題。数学的な見方や考え方の下で、論理的に考察し処理、表現する力が必要とされる。

 大問3は、関数と相似を合わせた問題。問1は、関数についての知識、理解をみている。問2は、座標軸を利用して、相似比を用いて座標を求め、長さの比を考える問題である。問3も同様に、座標軸を利用して、相似な図形の面積比を用いて長さを求めてから、座標を考える問題である。

 大問4は、平面図形に関する問題である。問1は、図形に関する基本的な事柄を中心とする知識と、文字を用いた式で表現する力が必要。問2は相似比や面積比などを使って考える問題である。論理的に考察して、対応する辺や角を正しくとらえ表現することが必要である。

 大問5は、空間図形に関する問題である。問1は展開図を正確に表現することができるかを問われている。問2は、主に中学三年で学習した事柄を用いる。空間図形に対する直感的な見方、考え方に基づいて、見通しをもって論理的に考察し処理する力が求められる。また、その裏付けとなる計算力も必要とされる。

 (世田谷区立駒沢中学校 草開宣晶主幹教諭)

◆英語

 大問数は昨年と同じ四題で、問題構成も同じである。

 大問1は、「聞く力」をみる問題である。問題Aは、対話文に対する質問の答えを選択肢から選ぶ問題で、問題Bは歌手へのインタビューの場面の会話を聞いて、英語の質問に英語で答える問題である。英語の質問文を理解したうえで「必要な情報を取り出す力」と解答を英語で書いて「解決する力」という複合的な能力が問われている。

 大問2は、英語によるコミュニケーションを通して、身近な課題を解決する能力を見る問題である。1では、動物園で飼育員から話を聞く順番を決める会話に関する問題である。2は、花の育て方、3は、手紙文である。3の(2)では「友人に伝えたい感動した出来事を一つ取り上げて」そのことについて三つの英語の文で書く英作文が出題された。

 大問3は、外国から来たばかりの生徒と部活動についての会話文から、話の大切な部分を把握し、英語で表現する能力をみる問題である。

 大問4はケイコのアメリカ留学に関する物語文を読み、そのあらすじや大切な部分を把握し、読み取った事柄について英語で表現する問題である。

 全体として、コミュニケーションの能力を問う問題を中心に、幅広く英語の力をみる問題となっている。

 (荒川区立諏訪台中学校 山崎聡主幹教諭)

◆社会

 大問六題、小問二十題で問題構成は例年どおりである。三分野の割合もおおむね変わらない。資料を考察して論述する問題三問、漢字で記述する公民の問題一問、歴史の並び替えの問題二問、一昨年度から取り入れられている地図上の位置とその特徴等を合わせる問題が地歴で各一問、新しい形式で地形図に書き込む問題一問、残りの十一問は四者択一問題である。

 大問1は各分野の基礎的、基本的な知識を問う問題。景観写真や説明文から地形図に書き込む地理の問題は現実に即した形式で面白い。大問2の世界地理分野は、地図と統計等の資料を活用し考察する問題。二年ぶりに雨温図が復活した。大問3の日本地理分野も、地図や資料を活用し考察する問題で、「農地法を改正した目的」について資料から適切に読み取り表現する問題はやや難しい。大問4の歴史分野は、世界の歴史を背景に「学ぶ」をテーマにして出題され、文化的色合いが強い問題が多い。大問5の公民分野は、経済より政治の内容が多かった。論述問題は解答しやすい。大問6の三分野総合は、現代社会の諸問題を資料を活用して、考察し、表現する良問であるがやや難しい。

 この三年間、新学習指導要領を意識した作問になっており、知識の習得とともに、さまざまな資料を活用し、考察する能力に加え、表現力にも重きが置かれている。以上のことを踏まえた生徒主体の授業づくりが求められている。

 (足立区立第四中学校 山田勝之主任教諭)

◆理科

 大問六問からなる構成と、全体に文章量が多く読解力を必要とする問題は過去を踏襲している。

 大問1は、物理二問、化学一問、生物一問、地学二問。解答するには表や図を含め、複数の知識や理解を組み合わせて考える必要があるが、いずれも基礎、基本を問う問題。

 大問2は生徒のリポートを読んで解答する形式で、複数の領域に渡る知識や理解を組み合わせて活用する力が問われた。「自然環境の保全と科学技術の利用」の単元に関わる設問内容も昨年からの流れになっている。

 大問3は地学分野から天体の位置と見え方の関係について、大問4は生物分野から光合成の実験について、大問5は化学分野から質量の保存、大問6は物理分野から運動と力に関する実験について出題された。

 いずれの問題も基礎的、基本的な事柄を正確に身につけていることが必要。難問は無いが、図や表、グラフから必要な情報を読み取ったり、観察や実験操作の目的を考えて実験を計画する力が試された。自分の考えを整理して記述するなど、日常の学習活動に積極的に取り組むことで身につく技能や思考力が重視されている。日頃の授業を大切にし、日々学んだ事柄を確実に身につけていく地道な努力が、力をつける一番の方法だ。

 (中野区立第八中学校 山口毅主幹教諭)

PR情報