東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2013年 > 栃木 > 記事

ここから本文

【栃木】

出願先292人変更 4人が取り下げ

 県教育委員会は二十二日、二〇一三年度県立高校入試(三月六日実施)の出願変更状況を発表した。十八日に発表した最初の出願時から二百九十二人が出願先を変更し、四人が出願を取り下げた。出願倍率は一・二四倍で変わらなかった。

 九千七百九十六人の定員に対し、最終的な出願者数は一万二千百二十七人。出願変更により、那須清峰の商業科、那須の普通科の二校二科は、ともに出願者が十人増えた。出願者が十人以上減った学校はなかった。

 倍率が一・五倍以上は、最初の出願時より一校減り十五校二十三系・科。最も高いのは宇都宮白楊の農業経営科で二・一五倍。

PR情報