東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2014年 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬】

各教科出題の傾向

■国語

 平均点は例年とほぼ同じ60点を想定。例年は6つのテーマだが、今回は作文を減らして5つとし、評論文の問題に取り込んだ。文章を引用させ、読解力と書く力を試すのが狙い。設問数は文章問題を中心に前年の22問から18問に減った。

■数学

 平均点は前年と同じ55点を想定。設問数は前年から1問減って24問となった。図形に関連する設問で、説明や理由を記述させる2問を出題。自らの言葉で論理的に、根拠を示して分かりやすく説明する表現力などを重視した。

■社会

 平均点は例年並みの55点を想定。設問は前年より3問増えて48問となり、このうち記述式は2問増やして24問とした。考えをまとめ、表現力を問うのが狙い。図やグラフを多用し、知識だけではなく、読み取って活用する力も試した。