東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2014年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

都立高入試ミス 答案用紙開示へ

 今春の都立高校の入試で四十八校で計百三十九件の採点ミスが見つかった問題で、都教育委員会は二十四日、受験者の「自分の答案用紙を見たい」という開示請求に対し、本人確認ができれば、受験した都立高校で、無料で写しを渡す方針を決めた。

 ミスがあったのは全日制四十三校、定時制六校、通信制一校。うち全日制の野津田、山崎(町田市)小平西、小平南(小平市)の四校で各一人を合格だったのに不合格にしていた。都教委は、学力検査を実施した二百十六校で再度点検しており、さらにミスが見つかっている。四校以外にミスのあった学校は次の通り。

 ▽全日制 三田、竹早、城東、八潮、目黒、千歳丘、鷺宮、武蔵丘、井草、大泉、石神井、田柄、青井、足立、紅葉川、富士森、多摩、成瀬、町田、久留米西、武蔵村山、保谷、新宿、美原、飛鳥、板橋有徳、翔陽、園芸、農業、中野工、足立工、葛西工、町田工、田無工、五日市、多摩科学技術、大田桜台、つばさ総合、杉並総合▽定時制 一橋、園芸、荻窪、江北、農産、青梅総合▽通信制 一橋

PR情報