東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2015年 > 茨城 > 記事

ここから本文

【茨城】

県立高校合格発表 1万9380人に春の吉報

 県立高校の合格発表が十二日にあり、全日制と定時制の計九十五校一分校で、一万九千三百八十人が合格した。県教委によると、平均の受験倍率は全日制が一・〇八倍、定時制が〇・五六倍だった。

 水戸市の水戸一高では午前九時、玄関前に合格者の受験番号が掲示された。待ち構えた受験生らは、自分の番号を見つけると大喜び。泣きながら同級生と抱き合ったり、掲示板の前で母親に記念撮影を頼んだりしていた。

 合格者数が定員に満たなかった四十七校七十一学科は、二次募集を実施する。募集定員は千四百七十二人(全日制千九十六人、定時制三百七十六人)。

 願書は十三、十六日午前九時〜午後五時に受け付ける。学力検査は十八日、合格発表は二十日。 (宮本隆康)

PR情報