東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2015年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

問題の解説

◆国語

 大問五題、小問二十五題の出題構成は例年どおりである。

 大問1、2はいずれも基本的な漢字の問題だ。ただし、日常であまり使用しない「港湾」や「畏怖」、書き誤りやすい「車窓」については語彙(ごい)力も問われることになる。

 大問3は中学二年生の唯と亮太との交流を描いた小説からの出題。人物の心情、様子や表現の特徴などを問う問題が中心である。問5は「話す言葉」を書く問題。文章に即して心情をとらえるだけでなく、適切な言葉で簡潔に表現する力も要求される。

 大問4の説明的文章は「おもてなし」について書かれた文章である。難解な語彙もあるが、論旨がわかりやすく内容は理解しやすい。設問は論理構成や内容理解を問う基本的な問題が中心である。問5はテーマに関して具体的な体験や見聞を示して意見を発表するもので、自分の考えを論理的に表現する力が問われている。

 大問5は能「安宅」に関する解説文や対談、台本の一部など、複数の資料からの出題。古典並びに現代の文章の内容をとらえる問題や発言の役割を問う問題、指定語句による短作文の問題などがあり、総合的な問題となっている。

 全体としては言語能力を幅広く問う問題になっており、日常的な学習へのしっかりした取り組みが求められる。 (目黒区立第七中学校 人見誠主幹教諭)

◆数学

 問題の構成は大問が五問、小問が十九問で、これは例年通りである。

 大問1は各領域に関する基礎的、基本的な事項についての知識、理解および数学的な技能を問うものである。正・負の数の計算、文字式、平方根、一次方程式、連立方程式、二次方程式、二乗に比例する関数の変化の割合、確率、垂直二等分線を使って三角形の面積を二等分する作図、という順番に計九問出題された。

 大問2は、昨年度と同じように数学的活動の場面を基に、図形の規則性について考える問題である。問1は台形の面積を求める式を文字式で表し、問2はそれを用いて証明する問題。数学的な見方や考え方に基づいて事象を数理的に考察し処理、表現する力が必要とされる。

 大問3は、関数の問題である。問1は関数の基礎的な問題、問2は二点を通る直線の式を求める問題、問3は三角形の面積の関係から座標を求め、長さを求める問題である。

 大問4は、平面図形に関する問題である。問1は文字を使って角度を表す問題、問2(1)は円周角の性質を利用した三角形の合同の証明、(2)は相似比を使って線分の長さを求める問題である。

 大問5は、空間図形に関する問題である。問1は三平方の定理を使って求める問題、問2は底面の面積比及び高さの関係と、線分の比を使って体積を求める問題である。 (荒川区立第五中学校 原田正伸主任教諭)

◆英語

 例年同様、英語を理解する能力を中心として、中学校三年間で身に付けるべき総合的な英語力が必要な問題が出題されている。

 大問1は、三つの日常会話とラジオ放送のニュースを聞く問題である。どちらも設定された状況を把握し、大切な情報を聞き取る力が求められる。

 大問2は、グラフや図と会話文、スピーチ文が関連付けられている。ここでは読み取った複数の情報を統合して課題を解決することが要求される。英作文では「日本の良いところ」についての考えを三文の英文で書くので、日常的に自分の考えを表現する練習が必要なことが分かる。

 大問3と4は四百語弱の対話文と六百語弱の物語文の読解問題である。どちらも昨年より少々語数が減ったものの、相当量の英文を一定時間で読み取らねばならない。全文和訳するのではなく、英文の流れや概要をつかんだ上で、具体的な情報を読み取る読解力と一分間で百語程度の速さの読解力が必要なので、毎日の授業で英文をどう読み取るかの練習方法が大切になる。

 全体として、知識の量ではなく「知識を実際に活用できる英語力」が求められる。三年間の授業を通して、練習だけでなく実践的な活動がどれだけ積み重ねられているかが問われる問題である。 (国分寺市立第一中学校 相沢秀和指導教諭)

◆社会

 大問六題、小問二十題の問題構成は例年通り。論述させる問題が四つと、記述重視の傾向も変わらない。

 大問1は三分野の基礎事項を問う問題。地形図の読解がここで出題された。

 大問2は世界地理。地図や雨温図、統計などの資料を活用する能力を問う問題。

 大問3は日本地理。複数の資料を組み合わせて解く問題。文章などの量も多く時間を要するであろう。

 大問4は歴史。「食」をテーマとして、年表などの資料を活用して考察する問題。今年も時代順の並べ替えが二問出題されており、時代の流れを捉える学習が今後も望まれる。

 大問5は公民。地方自治や財政、地域振興策など、時事的な内容を、各種資料から考えさせる良問。

 大問6は融合問題。グローバル化の進展を踏まえ、貿易や国際協力などに関連する統計やグラフなどを読みとらせる問題。

 全体を通して、学習指導要領の趣旨を踏まえ、今年も各種資料の活用や考察を重視する作問であった。地図や統計、図表や年表など多様な資料を短時間で正確に分析し、読み解く力や、適切に表現する力が求められている。社会科の授業では、さまざまな資料を扱いながら、言語活動を充実させ、思考・判断・表現力の育成を図ることが大切である。 (板橋区立高島第二中学校 山岡裕基子主任教諭)

◆理科

 全体の構成は例年と変わらず、各学年の内容から満遍なく出題された。

 大問1は基礎的・基本的な知識および技能を問う問題が物理・化学・生物・地学の各領域から6問。大問2はオリンピックについての自由研究を題材に、実際と理科との関連を意識させるつくりになっている。

 大問3では地層の連続性や堆積順と不整合・断層の関係を論理的に考えて判断する力が求められた。

 大問4は光合成の実験について操作の目的や結果の解釈などが、大問5は実験結果から化学反応にかかわる物質の量の関係や条件を変えた場合の結果を推測する力などが問われた。観察や実験の結果を基にして解答する問題では、目的や操作の意味を考えながら実際に操作し、結果を表やグラフにまとめ、考察した経験が力になる。

 大問6では力の矢印と釣り合い、エネルギー保存の応用に加え、グラフ作成と読み取りが出題された。

 難問はないが、基礎・基本の正確さや、問題から必要な要素を取り出す力、学習した知識や理解と関連づけて活用する思考力や判断力が求められた。日頃から授業を大切にし、観察や実験に主体的に取り組み、復習して学習した内容を定着させる習慣をつくっておけば身につく力だ。 (都立富士高校付属中学校 山口毅主幹教諭)

PR情報