東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2015年 > 東京 > 記事

ここから本文

【東京】

番号あった 春が来た 都立高合格発表

 東京都立高校の全日制など184校で2日、2015年度入試の合格者が発表された。進学校で知られる日比谷高校(千代田区)では合格者281人が校内に張り出され、自分の受験番号を確認した生徒たちが喜びの声を上げた。

 同校に合格した町田市の戸田夏希さん(15)は「第1志望だったので、ほっとした。客室乗務員など英語を使う仕事がしたいので、英語の勉強に力を入れたい」と笑顔。世田谷区の福島大喜さん(15)は「警察官になりたい。剣道部に入って文武両道で頑張りたい」と抱負を語った。

 都立高入試では昨年4月以降、過去3年分で3052件の採点ミスが判明。今回の入試では20校で試験的にマークシートを導入するなど採点方法を見直した。日比谷高でも採点ミスで不合格者が出ており、杉本悦郎副校長は「約60人の教員が総出で何重にも点検した」と話した。

 入試は2月24日に実施され、全日制173校では4万4732人が受験した。

PR情報