東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2016年 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬】

倍率4年ぶりアップ 1.17倍 68公立高入試後期選抜志願

 県教育委員会は26日、公立高68校の2016年度入試後期選抜などの志願状況を発表した。全日制を中心にした後期選抜の志願者は8517人(前年8491人)。後期の募集定員7294人に対する倍率は1.17倍(同1.15倍)と4年ぶりに上がった。定員割れは18校だった。

 学科別では、農業科が1.33倍(同1.15倍)、普通科が1.16倍(同1.11倍)と上昇。学校別の最高倍率は高崎経済大付属の1.78倍で、高崎北の1.70倍、市立前橋の1.61倍と続いた。

  (菅原洋)

PR情報