東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2016年 > 栃木 > 記事

ここから本文

【栃木】

1万688人が受験 県立高一般選抜

 二〇一六年度県立高校一般選抜の学力検査が七日行われ、一万六百八十八人が受験した。受験倍率は一・二二倍で、前年より〇・〇一ポイント下がった。合格発表は十一日。

 宇都宮北で海外特別選抜の合格内定者一人が辞退したため、一般選抜の定員は一人増えて八千七百八十二人。四日までに百二人が出願を取り下げて出願総数は一万七百一人となり、十三人が当日欠席した。インフルエンザなどによる別室での受験者は九十九人で、遅刻者はいなかった。

 定時制課程フレックス特別選抜の面接・作文試験もあり、百二十人の定員に百四十人が挑んだ。 (藤原哲也)

PR情報