東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2017年 > 群馬 > 記事

ここから本文

【群馬】

公立高68校の倍率1・16倍

 県教育委員会は二十三日、公立高六十八校の二〇一七年度入試後期選抜などの志願状況を発表した。全日制を中心にした後期選抜の志願者は八千三百四十五人(前年八千五百十七人)。後期の募集人員七千百八十六人に対する倍率は一・一六倍(同一・一七倍)となった。

 学校別の最高倍率は新田暁の一・六四倍で、次いで伊勢崎興陽と高崎北が一・六一倍で並んだ。 (菅原洋)

PR情報