東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏公立高校入試 > 2017年 > 栃木 > 記事

ここから本文

【栃木】

17年度高校入試一般選抜 全日制は1万591人挑戦

 二〇一七年度の県立高校一般選抜の学力検査が六日あり、全日制は一万五百九十一人が受験した。五十六校百十七系・科の定員八千七百五十二人に対し、倍率は一・二一倍で前年度より〇・〇一ポイント低かった。合格発表は十日午前十時から。

 県教委によると、交通機関に乱れはなく定刻に始まり、トラブルが起きることなく終了した。三日までに九十五人が出願を取り下げ、二十五人が出願したが欠席した。九十五人が体調不良のため保健室など別室で受験。このうちインフルエンザは四十三人だった。遅刻者はいなかった。

 七日は二十四校が面接を実施し、小山南スポーツ科は実技試験を行う。 (猪飼なつみ)

PR情報