東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・千葉】

拓大紅陵が逆転負け 銚子商、東総工など16強入り

2007年7月23日

銚子商−沼南3回裏2死、味方の中前打で二塁から生還する沼南・石川竜也選手=千葉マリンスタジアムで

写真

 第八十九回全国高校野球選手権千葉大会は二十二日、3回戦4試合と4回戦8試合を行った。2年連続準優勝の拓大紅陵が鎌ケ谷に敗れる波乱があった。Aシードの銚子商、東総工、木更津総合はいずれも16強入りした。

 拓大紅陵は1点リードで迎えた八回表にまさかの9失点。その裏に1点も奪えず八回コールド負けで姿を消した。

 打線好調の安房は、毎回得点で13点を奪い六回コールド勝ち。Cシードの敬愛学園は八回裏、千葉黎明に1点差まで追い上げられたが、この回途中から継投した高山直樹投手(三年)が好投し逃げ切った。

 若松はエースの平川俊樹投手(三年)が9回を投げ3安打1失点10奪三振の活躍で勝利。東海大望洋は初回の3失点を最後まで取り返せず、大多喜に1点差で惜敗した。 

  (武田雄介)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧