東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・千葉】

東海大浦安、市立船橋など あす千葉マリンで準決勝

2007年7月27日

安房−東総工6回表1死、相手の好守で本塁で憤死する安房・岡崎崇志選手=いずれも県野球場で

写真

 第八十九回全国高校野球選手権千葉大会は二十六日、準々決勝4試合を行い、安房、木更津総合、市立船橋、東海大浦安が4強入りを決めた。二十七日は試合がなく、準決勝2試合は二十八日、千葉マリンスタジアムで行われる。

 県野球場の第1試合、ノーシードの安房がAシードの東総工に挑んだ。安房は初回、安打と犠打で一死二塁に走者を進めると、3番の岡崎大祐選手(三年)の中前適時打で先制。四回には5安打の固め打ちでさらに3点を挙げ、4−0とリードした。東総工は走者を出しながら、無得点が続いた。最終回にようやく連打で1点を返し、なお一死満塁と攻めたが、あと一本が出なかった。

 千葉敬愛と対戦した東海大浦安は、前日の成田戦に続き2試合連続で延長戦に突入。4−4の延長十一回表、東海大浦安は一死三塁のピンチを無失点でしのぐと、その裏に伊地知大樹選手(三年)のサヨナラ安打が飛び出し競り勝った。千葉敬愛は、5回戦で千葉経大付を破った勢いで終盤にリードを奪ったが、一歩及ばなかった。

 木更津総合は市立柏に完勝し、Aシードで唯一4強に。4回戦で拓大紅陵を下すなど、旋風をまき起こした鎌ケ谷は、無安打で市立船橋に七回コールド負けした。

 準決勝は千葉マリンスタジアムで、安房−市立船橋の第1試合は午前十時から、第2試合の東海大浦安と木更津総合は午後零時半から行われる。 

  (武田雄介)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧