東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 西東京 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・西東京】

強豪校の敗退相次ぐ 桜美林失策、四死球で大量失点

2007年7月23日

都日野−国学院久我山3回表都日野1死三塁、打者・石田選手のスクイズで三走・折田選手が生還し、先制点を挙げる。捕手・平井選手=多摩市一本杉球場で

写真

 第八十九回全国高校野球選手権東京大会は二十二日、東大会3回戦12試合が5球場で、西大会の2回戦10試合が4球場で行われた。東大会では世田谷学園、都足立新田などの6試合がコールドゲーム。西大会ではシード校の国学院久我山や、強豪の桜美林が敗れた。

 都日野−国学院久我山は、引き分け再試合を勝ち上がってきた都日野が三回、バントヒットと相手失策で得点圏に走者を進め、さらに送りバントとスクイズを重ねて先制。3点リードの九回には、三塁打でつくった一死三塁からスクイズを決め、突き放した。国学院久我山は8安打を放ちながら、決定打を欠いた。

 桜美林と対戦した実践学園は同点で迎えた六回、相手の失策や四死球を足がかりに、適時三塁打などで5点を奪って主導権を握り、逃げ切った。

 二十三日は東大会4回戦8試合、西大会2回戦10試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧