東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 西東京 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・西東京】

西大会 都日野は完封負け

2007年7月26日

 第八十九回全国高校野球選手権東京大会は二十五日、東大会の5回戦4試合が2球場で、西大会の3回戦8試合が4球場で行われ、西大会も16強が出そろった。

 東大会では、第二シードの関東一と修徳がともに五回コールド勝ちで、第一シードの帝京も危なげなく準々決勝進出を決めた。京華商−都小山台は京華商が五回、適時二塁打など4安打を放って逆転し、そのまま逃げ切った。

 西大会は、佼成学園が日大鶴ケ丘に快勝。2回戦で国学院久我山を破った都日野は、都狛江に完封負けした。都小平南−都国立は延長十回、都小平南が相手守備の乱れやスクイズで4点を奪って試合を制した。実践学園と八王子実践も1点を争う好ゲームとなり、実践学園が延長十一回に中前適時打で決勝点を挙げた。穎明館は主戦・野村龍弘投手が10奪三振の好投で都多摩を下した。

 二十六日は東大会の5回戦4試合、西大会の4回戦8試合が行われ、東西大会ともに8強が出そろう。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧