東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 西東京 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・西東京】

都昭和 サヨナラ3点本塁打

2007年7月27日

 第八十九回全国高校野球選手権東京大会は二十六日、東大会の5回戦4試合が2球場で、西大会の4回戦8試合が4球場で行われ、東西とも8強が出そろった。都立勢は東大会が都足立新田と都城東の2校、西大会は都富士、都小平南、都昭和の3校が勝ち残った。

 いずれも接戦となった東大会は、昨年、4強入りした都足立新田が、第3シードの国士舘を破った成立学園と対戦。同点で迎えた九回に四球の走者が暴投で得点圏に進み、適時打で決勝点を挙げた。都城東は、打線が看板の世田谷学園を3投手の継投で3点に抑え、競り勝った。駒大高と対戦した東京実業は、初回に適時二塁打などで奪った2点を、主戦・加藤正志投手が8安打を浴びながらも1失点で守りきった。

 西大会も終盤までもつれる好試合が続いた。都昭和は、実践学園に1点リードされた直後の九回裏無死一、二塁で逆転サヨナラ3点本塁打が飛び出し、劇的な勝利。都小平南−明中八王子は延長十一回、都小平南の先頭打者が死球で出塁後、犠打と二ゴロで三塁に進塁、暴投の間に生還して決勝点を挙げた。第3シードの堀越は延長十回、安打と犠打などでつくった二死三塁から、中越え適時打で都小平西にサヨナラ勝ちした。

 二十七日は西大会準々決勝4試合が神宮、神宮第二球場で行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧