東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 西東京 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・西東京】

西大会 都立勢姿消す 私学4校が準決勝へ

2007年7月28日

都富士−佼成学園8回裏佼成学園無死満塁、左中間への走者一掃の三塁打と失策で生還し、ガッツポーズする山本選手=神宮球場で

写真

 第八十九回全国高校野球選手権東京大会は二十七日、西大会の準々決勝4試合が神宮球場と神宮第二球場で行われ、私学4校が準決勝進出を決めた。準決勝は二十九日に神宮球場で行われる。

 日大三−都昭和は、日大三が二回、相手投手と守備陣の乱れをついて2点先制。三回には四死球で塁を埋めて適時二塁打で加点するなど、その後も着実に追加点を挙げて五回コールド勝ち。都昭和は3安打にとどまった。都富士と対戦した佼成学園は2点リードの八回、無死満塁から三塁打と悪送球で4点を奪って試合を決めた。

 創価−堀越は、11安打で4点を奪った創価が九回、堀越に無死満塁から押し出しや適時打などで1点差に詰め寄られたが、逃げ切った。都小平南と対戦した八王子は、八王子が序盤で2点本塁打などで5点を挙げて優位に試合を進め、八回にも5安打を集めて5点を奪い、コールド勝ちした。

 二十八日は東大会の準々決勝4試合が神宮球場と神宮第二球場で行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧