東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 埼玉 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・埼玉】

組み合わせ抽選 選手宣誓は上尾橘主将 来月11日開幕

2007年6月20日

抽選会でくじを引く各校の代表者=さいたま市で

写真

 来月十一日に開幕する、第八十九回全国高校野球選手権埼玉大会(県高野連など主催)の組み合わせ抽選会が十九日、さいたま市大宮区の「市民会館おおみや」で開かれ、選手宣誓は上尾橘二年の本多航主将(17)に決まった。

 抽選会では、チームメートがかたずをのんで見守る中、各校の主将が緊張した面持ちで次々にくじを引いた。組み合わせが決まるにつれ、会場は熱気を帯び、強豪校の対戦相手が決まると、拍手や歓声が沸き起こった。

 本多主将は「大勢の前で話すのは苦手だが、大きな声で宣誓します」とはにかみ、渡辺晃監督は「八十九番(選手宣誓くじ)を引きそうな予感がしていた」と苦笑い。

 抽選の結果、春の県大会を制した滑川総合は、城北埼玉と初戦。準優勝の富士見は大宮商と当たる。昨夏の覇者・浦和学院は、与野の挑戦を受ける。

 今大会には昨年より一校多い百六十三校が参加。初日に唯一行われる草加南対浦和東戦で、熱戦の火ぶたが切られ、決勝は二十九日に予定されている。 (山口哲人)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧