東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・千葉】

球児3300人 元気に行進 県大会開幕 芝浦工大柏が2回戦へ

2008年7月12日

開会式で入場行進する選手たち=千葉マリンスタジアムで

写真

 夏の高校野球県大会が十一日開幕し、千葉市美浜区の千葉マリンスタジアムで開会式と開幕試合が行われた。今大会は東西に分かれて争い、優勝した2校が甲子園球場で行われる全国高校野球選手権大会に出場する。

 開会式には東西の計174校が参加、約3300人の選手たちが元気よく球場を行進した。選手宣誓は銚子・加藤光滋主将と松戸秋山・小宮大輔主将が東西を代表してそれぞれ行った。

 西大会・生浜−芝浦工大柏の開幕戦は先制された芝浦工大柏が後半の粘り強い追い上げで逆転勝ち。九回の守りは一死満塁のピンチを重殺で乗り切り2回戦進出を果たした。

 第2日の十二日には東大会の試合も始まり、11球場で1回戦30試合が行われる予定。 (武田雄介)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧