東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・千葉】

西大会 シード勢 順当に8強 沼南、大量11得点コールド

2008年7月21日

市立千葉−学館船橋8回表市立千葉2死二塁、岩田優樹選手の適時打で二塁から松井勇太選手が生還=いずれも県野球場で

写真

 夏の高校野球県大会は第9日の二十日、県野球場(千葉市稲毛区)など3球場で西大会の4回戦8試合を行い、千葉経大付、市立船橋、東海大浦安などシード勢が順当に8強入りを決めた。ノーシードからは沼南、船橋西の2校が勝ち進んだ。

 2年ぶりの甲子園出場を狙う千葉経大付は、強豪を次々と倒して勢いに乗る検見川に最後まで苦しめられた。

 先発のエース斎藤圭祐投手が初回に1点を奪われ今大会初失点を許すと、2−1の八回裏にも連打を浴び同点。九回表に1番重谷祐弥選手の適時打で勝ち越したが3−2の辛勝だった。検見川は3投手の継投で相手の攻撃をしのいだが、粘りきれなかった。

 2回戦でAシードの市立柏を倒したダークホースの沼南は、国分から大量11得点をあげ五回コールド。先発の西川勝投手は初回に四球を与えた後は安打を1本も許さず、無得点無安打(参考記録)を達成した。

 船橋西−千葉商大付は、船橋西が九回一死から佐々木凌佑選手の適時打で2点を返して同点に追いつき、延長十三回、再び佐々木選手の適時打で逆転。劇的な試合を制してノーシードから8強に勝ち進んだ。 (武田雄介)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧