東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・千葉】

成田勢2校が4強 東大会 Aシード東総工敗れる

2008年7月22日

八千代松陰−木更津総合 6回裏木更津総合1死二塁、杉崎方浩選手が適時三塁打を放つ=千葉マリンスタジアムで

写真

 夏の高校野球県大会は第10日の二十一日、東大会の準々決勝4試合を行い、春の関東大会王者の木更津総合、東海大望洋、成田、成田国際の4校が勝って準決勝に進出した。 (武田雄介)

 千葉マリンスタジアム(千葉市美浜区)の第1試合は、木更津総合がBシード八千代松陰から7点を奪い七回コールドで完勝。先発の田中優投手は六回二死まで無安打投球を続ける好投だった。

 第2試合は銚子商・糸川和希と東海大望洋・佐々木佑紀の両先発投手の投手戦で七回まで両校無得点。均衡が破れたのは八回裏、東海大望洋が二塁打の走者を暴投で三塁に進め、三番田島旭紘選手の補ゴロの間に1点を先制。銚子商は九回に二死二、三塁と佐々木投手を攻めたがあと1本が出なかった。

 県野球場(千葉市稲毛区)の第1試合は成田がAシード成東を相手に四回、八回に大量点を奪い11−5で競り勝った。成田の先発安村武将投手は10安打を許したが完投した。

 第2試合は4回戦で安房を破った成田国際がAシードの東総工を九回サヨナラの2−1で下し、一九八八年以来2度目の4強入り。プロ注目の東総工・杉山翔大捕手は2安打を放ったが、チームを初の4強に導くことはできなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧