東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・千葉】

ノーシード沼南4強 市立船橋、連覇果たせず

2008年7月23日

千葉経大付−西武台千葉7回裏千葉経大付2死二塁、谷勇哉捕手の適時打で二塁から稲葉拓也選手が生還=県野球場で

写真

 夏の高校野球県大会は第11日の二十二日、県野球場(千葉市稲毛区)などで西大会の準々決勝4試合を行い、Aシードの千葉経大付、Bシードの学館船橋と敬愛学園、ノーシードの沼南が4強に勝ち残った。2年連続で夏の甲子園出場を狙った市立船橋は1点差で涙をのんだ。 (武田雄介)

 初の4強を目指す西武台千葉と対戦した千葉経大付は、1−4で迎えた七回裏に4点を奪い逆転。八回表に西武台千葉に本塁打を許し同点とされたが、九回裏二死一、三塁で、途中出場の7番八坂陸選手が右前に適時打を放ちサヨナラ。2試合続けて1点差の試合に競り勝った。

 ノーシードから勝ち進んだ沼南は、持ち味の機動力を生かした野球で船橋西を7−0で圧倒。沼南は3回戦から3試合連続して無失点でコールド勝ち。

 市立船橋は先発の酒井祐二投手が学館船橋打線に一回と六回につかまり計5失点。六回裏に打者一巡の猛攻で4点を返したが、その後得点できず4−5で敗れ去った。

 4−4のまま延長戦に突入した敬愛学園−東海大浦安は、十回表に敬愛学園が3連打などで3得点。その裏の守りを八回から登板した矢中猛志投手を中心に固め、3時間半の死闘を制した。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧