東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・千葉】

西大会 あす決勝

2008年7月25日

学館船橋−千葉経大付4回裏千葉経大付1死二塁、重谷祐弥選手の適時打で久保田真一選手が生還=千葉マリンスタジアムで

写真

 夏の高校野球県大会は第13日の二十四日、千葉マリンスタジアム(千葉市美浜区)で西大会の準決勝2試合が行われ、第1試合は千葉経大付が学館船橋に七回コールド勝ち、第2試合はノーシードの沼南がBシードの敬愛学園を九回に逆転して下し、二十六日の決勝進出を果たした。 (武田雄介)

 4回戦、準々決勝と苦戦した千葉経大付は二回二死満塁で、今大会本塁打を放っている9番樋口悠選手が、学館船橋の先発松本隼投手から走者一掃の三塁打を打って先制。三回と四回に2点ずつ加えると、エース斎藤圭祐投手が被安打3の力投を見せ、7−0で大勝した。

 学館船橋は初回の一死三塁の好機に走塁ミスなどで無得点、三回にも得点圏に走者を置いたが、クリーンアップが凡退するなど、最後まで打線がリズムをつかめなかった。

 ノーシードから快進撃を続ける沼南は、0−2と敬愛学園リードで迎えた七回表一死二、三塁の好機に、7番佐々木祐貴選手の三塁打で同点。直後に1点を失ったものの、九回一死から2連続三塁打で追いつき、最後は再び佐々木選手の適時打で逆転した。一九七九年の創部以来初の決勝進出を劇的な勝利で決めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧