東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・千葉】

千葉経大付に栄冠 西大会決勝『沼南旋風』及ばず

2008年7月27日

優勝が決まり、マウンドに駆け出す千葉経大付ナイン=千葉マリンスタジアムで

写真

 夏の高校野球県大会は第15日の二十六日、千葉マリンスタジアム(千葉市美浜区)で西大会の決勝が行われ、千葉経大付がノーシードの沼南を2−1で破り、2年ぶり3回目の夏の甲子園出場を果たした。試合後、全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選が行われ、千葉経大付の初戦は第3日(八月四日)の第4試合に決まった。 (武田雄介)

 千葉経大付は三回裏、先頭の7番八坂陸選手がチーム初安打で出塁。犠打で二塁へ進むと、二死から1番重谷祐弥選手の二塁打で1点を先制した。

 六回、重谷選手が痛烈な打球で沼南の守備のエラーを誘い、一気に三塁へ。続く川島亮太選手が左へ犠飛を放ち、貴重な追加点を奪った。

 沼南の反撃は八回、一死三塁で9番菊地寛文選手がスクイズを成功させ1点差。さらに安打とエラー、四球で二死満塁としたが、4番田頭真一選手が遊ゴロに倒れ一打逆転の好機を逸した。

 九回も一死二塁と粘る沼南打線を、千葉経大付の先発斎藤圭祐投手が抑え、栄冠を手にした。

 沼南の先発西川勝投手は先制された三回以降、千葉経大付打線を無安打に抑え被安打2。試合は敗れたが「沼南旋風」を最後まで印象づける素晴らしい投球だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧