東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 神奈川 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・神奈川】

<熱球譜>攻めた結果に悔いなし 東海大相模(3年) 大田泰示主将

2008年7月28日

写真

 打っては先制本塁打、投げては最終回に決勝打を浴びて敗戦投手。東海大相模の大田泰示主将(三年)は投打に攻める姿勢を貫き、潔く散った。

 本塁打は四回裏。左翼に大会新の5本目、高校通算65本目だった。「狙っていた真っすぐ。今日は勝負してくれないと思っていたので、これでチームも乗ってくれたらと思った」。主将として、個人記録よりチームの勝利を考えていた。

 突然の投手交代は、延長十三回表二死二塁。「勢いある球で、試合の流れを引き寄せよう」。140キロ近い直球で押したが、慶応の2番福富裕選手(同)に中越え三塁打された。続く3番山崎錬主将(同)には直球を狙われて右翼席へ運ばれ、万事休した。

 最終回二死無走者で、2番の秦夢有希選手(同)が四球でつないでくれた。九回裏、延長十一回裏と得点機に続けて敬遠されていた。「ドラマみたいな展開」にも気負わず左前打。一塁上で指を突き出し、喜びをあらわした。最後は4番角晃多選手(同)が右飛に打ち取られたものの、最後まで気持ちは切れなかった。

 昨秋、主将に指名され、チームを引っ張ることに全力を注いできた。門馬敬治監督は「身を粉にしてチームのためにやってくれたのに、最後は大田に申し訳なかった」。大田主将は「打たれたのは勝負しに行った結果。申し訳ない気持ちはあるけど、みんなは分かってくれると思う」。攻めた結果に悔いはなかった。 (松平徳裕)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧