東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 西東京 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・西東京】

関東一が帝京下す 東亜学園、堀越は大勝

2008年7月19日

 第90回全国高校野球選手権東京大会は十八日、東大会で4回戦8試合、西大会で同5試合が行われた。西大会の3試合が雷雨でノーゲームとなり、十九日に順延された。

 東大会では、3年連続の甲子園出場を目指した優勝候補筆頭の帝京が、今春の選抜大会出場の関東一に敗れた。シード校の国士舘と世田谷学園はコールドで勝ち上がった。

 西大会では、東亜学園と堀越がそれぞれ大勝し、5回戦へ。再試合となったのは、都富士森−明中八王子、早大学院−法政大高、早実−都小川の3試合。

 十九日は、東大会で4回戦8試合と、西大会で同3試合と5回戦4試合がある。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧