東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 90回大会 > 西東京 > 記事

ここから本文

【第90回全国高校野球選手権大会(2008)・西東京】

西4強に日大勢3校 準々決勝都小平は早実に屈す

2008年7月23日

日大三−明中八王子2回裏明中八王子1死満塁、原口選手の投ゴロで生還する小林翼選手=神宮球場で

写真

 第90回全国高校野球選手権東京大会は二十二日、西大会の準々決勝が神宮球場と神宮第二球場であった。早実が、ソツのない攻めと2本の本塁打で都小平に七回コールド勝ち。これで、都立勢はすべて敗退した。日大三、日大鶴ケ丘、日大二も4強に進んだ結果、二十四日に日大三は早実と、日大鶴ケ丘は日大二と準決勝に臨む。

 二十三日には、両球場で東大会の準々決勝4試合がある。

 日大三は持ち前の強打で17安打を放ち、明中八王子を八回コールドで下した。堀越と対戦した日大鶴ケ丘は、両チームで計4本の本塁打が飛び出す打撃戦を制した。日大二は法政大高の追い上げを振り切った。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧