東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・東東京】

<ヒーロー>前向きに『団結』支える 都小山台(3年) 山本将人主将

2009年7月23日

再登板した7回を3人で抑えた小林選手(右)を笑顔で迎える山本主将=神宮球場で

写真

 「とにかく試合を楽しもう」。都小山台の山本将人主将(三年)は半円陣を組んだナインに声をかけた。相手は昨年覇者で、春の大会後の練習試合でも大敗した関東一。それでも小山台ベンチには笑顔があふれていた。

 1点を追う五回、1死一、二塁の好機で山本君は三振。しかし、山本君は次打者に「任せたぞ」と笑顔を見せ、それに応えるように逆転の2点適時打が飛び出した。九回2死の場面では、マウンドに駆け寄り「打者との勝負を楽しもう」。最後の打者を打ち取ると、マウンドに歓喜の輪が広がった。

 山本君は主将就任以来、「強いチームより、良いチーム」を目指した。練習時間は1日約90分。効率よく練習するため、部員だけでミーティングを開き、ミスを責めず、前向きな言葉をかけ団結力を高めてきた。

 試合前にスタンドの前で組んだ半円陣は、その気持ちの表れ。残りの半分はスタンドの仲間たちだ。「行くぞー」。74人の大きな円陣は団結力を武器に甲子園を目指す。 (西川正志)

 

この記事を印刷する

PR情報