東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 91回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第91回全国高校野球選手権大会(2009)・東東京】

都八丈、8強かなわず

2009年7月24日

 第91回全国高校野球選手権東京大会は二十三日、東大会で5回戦4試合と西大会で4回戦5試合が行われた。東大会はベスト8が出そろった。西大会の3試合が降雨でノーゲームとなり、二十四日に順延された。

 東大会では都八丈と二松学舎大付が対戦。二松学舎大付は京屋、井上両選手が本塁打を放つなどして都八丈を突き放した。これで、島しょ部のチームはすべて姿を消した。

 西大会では、ノーシードの都小平が19安打の猛攻で第3シード堀越を下す大金星。日大三は二回に8番関谷選手の本塁打を含む5安打を集中させ、創価を破った。

 二十四日は西大会で4回戦3試合が行われる予定。

 

この記事を印刷する

PR情報