東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

175校、対戦相手決まる 来月10日、熱戦開幕

2010年6月20日

開会式で選手宣誓をすることになった市原緑の田中大地主将=千葉市で

写真

 第92回全国高校野球選手権千葉大会の組み合わせ抽選会が十九日、千葉市中央区の千葉工業高校であり、参加175校の対戦相手が決まった。

 開会式で選手宣誓するのは、124校目に「92」の番号を引いた市原緑三年の田中大地主将(17)。「何となく引くような気がしていた。恥ずかしくない宣誓をしたい」と力強く話した。

 春の県大会の16強がシード校になり、優勝した習志野など4強がAシード。春の選抜大会に出場した東海大望洋はノーシードで出場する。東海大望洋三年の坂本拓弥主将(17)は「一戦一戦を大切に戦うだけ」と気持ちを引き締めていた。

 夏の県大会は七月十日、千葉市美浜区の千葉マリンスタジアムで開会式が行われ、決勝戦は同二十五日。約2週間にわたり10球場で熱戦が繰り広げられる。(深世古峻一)

 

この記事を印刷する

PR情報