東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

東海大望洋が圧勝 千葉工、千葉英和に競り勝つ

2010年7月12日

実籾−東海大望洋4回裏2死二塁で、2点本塁打を放ち、生還する岩堀智紀選手(左から2人目)=千葉市で

写真

 夏の高校野球県大会は2日目の十一日、千葉マリンスタジアムなど県内10球場で計25試合が行われた。甲子園大会への春夏連続出場を目指す東海大望洋は、岩堀智紀選手(二年)の2点本塁打などで、実籾に10−0で五回コールド勝ちした。

 一方、千葉工が昨年夏の県大会でベスト16の千葉英和に5−4で競り勝つなど、有力校が早くも姿を消す波乱もあった。

 佐倉は石黒亘選手(三年)が2本の本塁打を放つ活躍で、流山を15−0で退けた。旭農は乱打戦の末に、開会式で選手宣誓した田中大地主将(三年)率いる市原緑を11−8で破った。 (深世古峻一)

 

この記事を印刷する

PR情報