東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

習志野など8強出そろう 東海大望洋、乱打戦制す きょう準々決勝

2010年7月22日

木更津総合−東海大望洋 5回裏2死一、二塁、この日6打点目となる2点適時打を放つ坂本拓弥選手=県野球場で

写真

 夏の高校野球県大会は二十一日、県野球場など3球場で5回戦8試合が行われ、8強が出そろった。シード校では習志野と浦安、千葉経大付、専大松戸が準々決勝に進出。今年春の甲子園大会に出場した東海大望洋や公立の市立柏など、ノーシード校4校も駒を進めた。

 習志野は三回表、松戸国際に先制されたが、その裏に山下斐紹(あやつぐ)選手(三年)の2点本塁打などで逆転し、6−3で勝利した。東海大望洋は坂本拓弥選手(三年)の6打点の活躍で、木更津総合との乱打戦を10−6で制した。

 市立柏は角館(かくだて)祥太投手(三年)が袖ケ浦を4−0で完封。千葉経大付は5−3で西武台千葉を下した。

 二十二日は、千葉マリンスタジアムと県野球場の2球場で準々決勝4試合が行われる。 (深世古峻一)

 

この記事を印刷する

PR情報