東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

<熱球譜>笑顔を貫いたバッテリー 東海大望洋 長友昭憲投手(3年)坂本拓弥捕手(3年)

2010年7月26日

試合後、長友投手(左)に声をかける主将の坂本捕手(右)

写真

 決勝の大舞台でも、長友投手はピンチで白い歯を見せた。「一年の時に、笑顔で投げていこうと決めたから」。坂本捕手も「おまえなら大丈夫」とマウンドで笑いかけた。

 10安打を浴びながら1失点の粘りの投球。走者を背負っても、暴投や捕逸を恐れず低めへの変化球を投げ、空振りを誘った。マウンド度胸もさることながら、捕手への信頼感がなせる投球だった。

 「一塁走者はおれが刺す。二、三塁にいたらあいつが三振を取る」。言葉通り、坂本捕手は盗塁を刺すこと2度。八回裏の2死満塁のピンチでは、長友投手が魅せた。141、138、142キロの速球で3球三振。しかし、その3球が高校最後の投球となった。

 試合後、坂本捕手は顔を上げられないエースに寄り添い、肩に手を回した。「最高のピッチングをしたんだから」。女房役に声をかけられ、長友投手も「打たれて負けたけど、悔いは残っていない」と顔を上げた。ロッカールームを出てきた二人の顔には、グラウンドで貫き通した笑顔が戻っていた。 (平松功嗣)

 

この記事を印刷する

PR情報