東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 千葉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・千葉】

成田 20年ぶり栄冠 エース中川投手が圧倒

2010年7月26日

試合後の校歌を歌った後、観客席に駆け出す成田の選手たち=千葉マリンスタジアムで

写真

 夏の高校野球県大会は二十五日、千葉マリンスタジアムで決勝が行われ、ノーシードから勝ち上がった成田が東海大望洋を1−0で下し、甲子園大会への出場を決めた。成田が夏の甲子園大会に出場するのは一九九〇年以来20年ぶり7回目で、春夏を合わせると二〇〇七年以来3年ぶり9回目。 (深世古峻一)

 成田はエースの中川諒(りょう)投手(三年)が立ち上がりから絶好調。八回まで相手打線を無安打に抑える圧巻の投球を見せた。打線は六回裏1死一、三塁のチャンスで、金子裕大選手(三年)が右前に適時打を放ち先制。成田はその1点を守りきった。中川投手は9回1安打無四球の完封。

 東海大望洋のエース長友昭憲投手(三年)は相手に10安打を許しながらも、粘りの投球で1失点と好投。打線は八回表に、この日初めて二塁へとランナーを進めたが、後続が連続三振に倒れ、甲子園大会への春夏連続出場は及ばなかった。

 甲子園大会の組み合わせ抽選は八月四日に行われ、同七日に開幕する。

 

この記事を印刷する