東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・群馬】

<熱球譜>“一球”に消えた夢 前橋工3年 平井東投手

2010年7月28日

写真

 今春のセンバツに続く甲子園出場の「夢」が消えた瞬間、ベンチの前でうつむいたまましばらく動けなかった。「勝つピッチングがしたかった…」。八回を完投し、前橋商打線を4安打に抑えたものの、1本の決勝打に沈んだ自らの投球をひたすら悔やんだ。

 「体調や球威に関係なく試合をつくれるのが本当のエース」。夏の県大会を勝ち抜くために練習法を変えた。走り込みなどの地味で苦しい基本練習に1人で取り組み、ピンチにも動じない精神力の強さを養おうと心掛けた。

 決勝本番。先制点のプレゼントを受けてマウンドに上がったが、前日の準決勝で十一回を投げきった疲労の影響からか、制球に苦しんだ。二回裏に逆転本塁打を許した球については「完全な失投。簡単にストライクを取りにいってしまった」と反省の言葉を重ねた。

 小暮直哉監督は「(逆転本塁打は)相手打者がうまく打った結果」と、試合の行方を託したエースをかばった。「あの一打がなければ…」。涙を押し隠す表情には、夏の県大会のマウンドを支え続けた責任感がにじみ出ていた。 (中根政人)

 

この記事を印刷する

PR情報