東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 群馬 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・群馬】

前商、3年ぶりV 前橋工 “春夏連続”ならず

2010年7月28日

マウンドに駆け寄り、優勝の喜びにわく前橋商ナイン=上毛新聞敷島球場で

写真

 第92回全国高校野球選手権県大会は二十七日、前橋市の上毛新聞敷島球場で決勝が行われた。前橋商が3−1で前橋工を下し、3年ぶり5回目となる夏の甲子園出場を決めた。9年ぶりの出場を目指した前橋工だったが、相手投手の好投に阻まれ、春夏連続出場の夢を断たれた。全国大会は八月四日に組み合わせ抽選が行われ、同七日に開幕する。 (川口晋介)

 群馬を代表する両投手の投げ合いとなった決勝戦。前橋商は今大会初めて先制を許す展開に。1点を追う二回裏、四球の走者を一塁に置いて、沢浦礼将(のりまさ)選手が右翼に大会第28号となる2点本塁打をたたき込み、すかさず逆転した。

 五回裏には2四球で走者一、二塁の好機を迎え、2死から主軸の後藤駿太選手が適時右前打を放ち、貴重な1点を追加した。

 投げては主戦・野口亮太投手が二回以降連打を許さず、前橋工打線の主軸を無安打に封じるなど気迫の投球。守備陣も好守を連発して支えた。

 前橋工は初回、野口投手の立ち上がりを攻め、先頭の田口周平選手が中越え三塁打で好機をつかむと、続く田中慶太朗選手が適時右前打で幸先よく先制。前橋商を上回る計6安打を放ったが、得点圏に走者を置いてからの「あと一本」が出なかった。平井東投手も力投を続けたが、わずかに及ばなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報