東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 東東京 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・東東京】

東大会 9回猛攻 関東一が栄冠 2年ぶり5度目の甲子園

2010年7月28日

修徳−関東一 修徳にサヨナラ勝ちし、グラウンドに飛び出す本間主将(右から2人目)ら関東一ナイン。手前左は修徳・菊入捕手=神宮球場で

写真

 第92回全国高校野球選手権東京大会は二十七日、東大会の決勝が行われ、関東一(江戸川区)が6−5で修徳(葛飾区)に逆転サヨナラ勝ちし優勝。下町対決を制し、2年ぶり5回目の夏の甲子園出場を決めた。

 関東一は2点を追う九回裏、連打で無死一、二塁とし、山下選手の左翼線二塁打で同点に追いつき、さらに無死満塁から宮下選手の中前打で劇的な幕切れとなった。白井投手は六回まで修徳打線を4安打に抑え、代わった井手投手も好投。全員野球の勝利だった。

 修徳は七回、飯野選手の左翼中段への2点本塁打や菊入選手の左越え二塁打などで、4点差をつけた。しかし小刻みに点を返され、三ツ俣投手は八回に故障で降板。救援投手は関東一の勢いを止められなかった。

 三日に開幕した東京大会は全日程を終えた。全国高校野球選手権大会は八月七日、甲子園球場で開幕する。

 

この記事を印刷する

PR情報