東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

<熱球譜>『一勝』を後輩に託して 常北3年 加藤祐樹主将

2010年7月11日

写真

 初回、「緊張もあったし、相手が大きく感じた」。開幕試合の真っさらなマウンドに上がったが1死も取れず交代した。チーム唯一の三年生。エースで主将で4番も務めた。降板してもまだやることが残っていた。

 「落ち着いて」「投げ急ぐな」。代わって入ったセンターから声を張り上げ後輩をひっぱった。冨田和雄監督も「一番声を出して気持ちが出てた」と話した。四回の第2打席では三塁前に転がった打球で一塁にヘッドスライディング。「生き残りたい一心」でチーム2本目の安打を生んだ。

 しかし初回の失点が響きコールド負け。試合直後は放心状態だったが、監督から肩をたたかれ涙があふれた。「肩の荷がおりてほっとした」。一人でチームをひっぱてきたプレッシャーから解放され涙がとまらなくなった。人数が少ないことで「辞めたい」と言ったこともあったという。それでも「苦しい時もあったがやってきてよかった」。「来年は一勝目指してがんばってほしい」。主将として後輩へエールを送った。 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

PR情報