東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

太田一 開幕戦制す 打線爆発、常北に圧勝

2010年7月11日

いよいよ開幕した茨城大会。(右)は好スタートを切った太田一の中村投手=水戸市民球場で

写真

 第92回全国高校野球選手権茨城大会が十日、水戸市民球場で開幕した。開会式では昨年より1校少ない103校がきびきびと入場行進。1試合のみあった開幕試合は太田一打線が初回から爆発し常北を21−0で圧倒した。

 晴天の中行われた開会式には大勢の観客が訪れ、大洗のマーチングバンドの演奏に合わせて入場行進する選手たちに大きな拍手が送られた。昨年の大会で優勝した常総学院から優勝旗が返還された後、牛久の魚見健太主将が選手宣誓を行った。

 開幕試合では、初回太田一が1番井坂拓海選手の二塁打を皮切りに全員得点で16点を奪取。その後も着実に加点し五回までに21点を奪いコールド勝ちした。常北は二回以降落ち着きを取り戻したが浮き足だった立ち上がりを攻められた。 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

PR情報