東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

下妻一 5回を“完全試合” 強豪校、順当勝ち

2010年7月12日

石下紫峰−土浦日大 4回裏無死一塁、代走の土浦日大海老原学選手は次打者古畑進也選手の適時二塁打で一気に同点の本塁を踏む=土浦市営球場で

写真

 第92回全国高校野球選手権茨城大会は十一日、水戸市民球場など6球場で1回戦14試合があった。下妻一の仲見川尚希投手が五回参考記録ながら完全試合を達成。水城、東洋大牛久、常磐大などの強豪校はコールドで順当勝ち。土浦日大も石下紫峰に辛勝した。十二日も1回戦12試合が行われる。 (堀尾法道)

 牛久栄進は両チーム合わせて26安打の乱打戦を制し、粘る鬼怒商を振り切った。

 鉾田二と清真学園は1点を争う試合となったが、八回に勝ち越した清真学園が制した。

 磯原郷英も境との接戦となったが、九回2点を勝ち越して勝利。

 東洋大牛久は8盗塁と足を絡めた攻撃で大洗を圧倒した。

 竜ケ崎一は茨城の4番柏村祐樹選手に2本塁打を放たれたが、着実に加点しコールド勝ち。

 日立北と鉾田一はそれぞれ竜ケ崎南と麻生を圧倒した。

 石岡一も総和との打撃戦を制した。

 土浦日大は石下紫峰の安田豊投手のスローカーブに苦しんだが、加藤海駿選手の本塁打などで粘り勝ち。

 水城は3投手の継投で常陸大宮打線を2安打に抑えた。

 日立工は宮本晴夫監督(63)のラストイヤー初陣を勝利で飾った。

 

この記事を印刷する

PR情報