東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

常総コールド勝ち 県大会5連覇に向け好発進

2010年7月13日

 第92回全国高校野球選手権茨城大会は十二日、水戸市民球場など6球場で1回戦12試合があった。今大会初の延長戦となった日立商対岩瀬は日立商がサヨナラ勝ち。この試合を含め5試合が1点差と、相次ぐ好ゲームがスタンドを沸かせた。常総学院はコールド勝ちで大会五連覇に向けて好発進。明秀日立と鹿島学園も順当に2回戦に進んだ。十三日も1回戦12試合が行われる。

 日立商は3−3で迎えた延長十回裏、相手のミスでつかんだ2死二塁のチャンスで1番神田勇人選手(三年)が左前にサヨナラ適時打を放った。

 大会屈指のサウスポー科技高日立の渡部将太投手(同)は土浦三の宮本翼投手(同)との投げ合いに勝利。渡部投手は初回からの4者連続を含む10三振を奪った。

 玉造工の鈴木聖章投手(同)と八千代の上野忍投手(同)はいずれも与四死球1で完封。被安打もそれぞれ4と3で、ともに1−0の投手戦を制した。 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

PR情報