東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

<熱球譜>万感、有終の安打 小瀬3年 河野祥太選手

2010年7月14日

写真

 四回裏、2点を失った岡崎竜成投手の元に内野陣が集まる。「気楽に投げてくれ」。同学年のエースに声をかけた。小瀬の三年生はほかにレフトの岡崎和樹選手だけ。三人で最後の夏を戦うため、河野選手は昨年の秋に部に戻ってきた。

 一年生の夏に腰の病気で野球部を辞めた。中学生の時からあった痛みが急にひどくなり、腰の骨がずれる病気と診断された。医者には「野球はできない」と言われ、悩んだ末「一度ゆっくり休もう」と決めた。監督からは「治ったら復帰しろ」と言われた。

 痛みは今も残り、病院に通うが、「二人ともう一度最後の夏に野球をしたかったから」と復帰した。

 レギュラーはつかめなかったが、下級生のけがで先発出場。七回の最終打席、「どんな形でも塁にでる」と初球のスライダーをライト前に。公式戦初安打を放った。

 「最後にヒットを打ててうれしい。二人と野球ができたし、悔いの残らない試合ができたと思います」。降りしきる雨の中、最高の夏の思い出ができた。 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

PR情報