東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

<熱球譜>秘めたる闘志 弟へ 科技高日立・3年 渡部将太投手

2010年7月18日

写真

 「わたなべ、わたなべ」。三塁側の科技高日立の応援の声が一段と大きくなる。五回、7点目を失った。それでも顔色を変えずに投げ続けた。

 人口5000人程度の福島県只見町出身。小学生のころは野球チームをつくるには人数が足りず、女の子を交えてソフトボールをしていた。飯塚賢一監督が「気が付くと走っているような子」と言う練習の虫は140キロに迫る直球を投げる大会屈指の左投手に成長した。

 弟の大輝選手(一年)も途中出場し、セカンドから兄を支えた。

 六回の投球練習中に足がつり、一度ベンチに戻った。だが、痛そうなそぶりも見せずに先頭打者を三振にしとめた。マウンドでポーカーフェースを崩すことはなかったが、試合終了と同時に熱中症のような症状で倒れ、担架で運ばれた。

 「今日は全然だめでした。打たれて自分の実力が分かって、スッキリした」。しばらく休んだ後、落ち着いた声で振り返った。

 「どんなに点を取られても、あきらめない姿が心に焼きついた。兄を越える気持ちで頑張っていく」。内に秘めた闘志は、弟にしっかりと引き継がれた。 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

PR情報