東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 92回大会 > 茨城 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第92回全国高校野球選手権大会(2010)・茨城】

水戸桜ノ牧、常総が16強 水戸商はコールド勝ち

2010年7月22日

5回裏2死二塁、水戸桜ノ牧・小沼選手の右前適時打で先制の本塁を踏み喜ぶ磯部選手=水戸市民球場で

写真

 全国高校野球選手権茨城大会は二十一日、水戸市民球場など4球場で3回戦8試合があった。昨年、決勝まで進んだ水戸桜ノ牧と常総学院は共に接戦で苦しんだが、終盤に相手を一気に突き放してベスト16入りを決めた。土浦湖北、古河一、霞ケ浦や水戸商などの有力校も勝ち進んだ。二十二日は試合がなく、二十三日に4回戦の8試合が行われる。

 常総学院は同点で迎えた八回、国井伸二朗選手(二年)の三塁打を皮切りに一挙に6点を奪い試合を決めた。

 水戸桜ノ牧は1点差に詰め寄られた七回、高橋広海選手(三年)の適時二塁打で3点を奪い、鹿島学園を突き放した。3番の小沼弘治選手(一年)は5打数5安打の活躍。

 土浦湖北の影山輝和選手(三年)はランニング本塁打を放つなど3安打。単打が出ればサイクル安打の活躍だった。

 藤代は二回、一イニング内にサイクル安打を放った。茨城キリストの代々木優志投手(三年)は被安打3で完封勝利。水戸商は11安打で11点を奪い、秋春に続いて鹿島に勝利した。 (堀尾法道)

 

この記事を印刷する

PR情報